松崎弘和映画
松崎弘和の映画メモ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/11/25(水)   CATEGORY: 映画
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない
製作国 日本
劇場公開 アスミック・エース
初公開年月 2009/11/21
上映時間 101分
ジャンル ドラマ

監督 佐藤祐市
原作 黒井勇人
音楽 菅野祐悟
脚本 いずみ吉紘

インターネットの掲示板2ちゃんねるに書き込まれた話題の実体験を

基に映画化した問題作。ニート青年が社会に飛び出し、いきなり

ブラック会社と呼ばれる問題企業で孤軍奮闘する様子を面白おかしく

描く。『ホームレス中学生』の小池徹平が主演を務めるほか、共演者

も『カフーを待ちわびて』のマイコや、『しあわせのかおり』の田中

圭ら若手実力派が顔をそろえる。主人公を取り巻くありえない状況に、

ついついエールを送りたくなってしまう映画。



いわゆる「ブラック会社」に勤めたことはないが

バブル、ITバブルの時代に、「ブラック会社」ではないか?と思わ

れる会社に、高額アルバイト報酬目当てに行ったことがある。

なんだかその当時のことを思い出してしまったが、

今でも、アルバイト面接に行ったら、実は「オレオレ詐欺軍団」だった

とか、あるのかもしれない。


ただ、なんか「古い」気がして、DVDだったとしてもみる気になれない。



とはいいながら、

「理不尽」が人を大人にするんだろうなぁ・・・

いい意味でも、悪い意味でも・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
承認待ちコメント
| | 2010/02/06(土) 18:42 [編集]
このコメントは管理者の承認待ちです

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 松崎弘和映画. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。