松崎弘和映画
松崎弘和の映画メモ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/01/30(金)   CATEGORY: 映画
昨年の邦画興収最高、「ポニョ」「花男」などで22%増
日本映画製作者連盟は29日、2008年に公開された映画の興行収入が1948億3600万円だったと発表した。

前年比1・8%減で2年連続の前年割れ。しかし邦画の興収は1158億5900万円で同22・4%増となり、2000年に興収が公表され始めて以来、最高となった。

 宮崎駿監督の「崖の上のポニョ」が150億円を超えるヒットを記録するなどが好調の理由で、洋画を上まわったのは2年ぶり。洋画は789億7700万円で2000年以来最低。全興収に占める洋画の割合は40・5%に落ち込んだ。


邦画と洋画の興行収入上位3作

▽邦画
〈1〉崖の上のポニョ(155億円)
〈2〉花より男子ファイナル(77・5億円)
〈3〉容疑者Xの献身(49・2億円)

▽洋画
〈1〉インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国(57・1億円)
〈2〉レッドクリフPart1(50・5億円)
〈3〉アイ・アム・レジェンド(43・1億円)


今年は邦画業界も右肩下がりになる

と、知り合いの監督さんが言っていたが


制作側は確かに不況のあおりを受けるだろうが

視聴者側は、最近「洋画信奉」がやっと薄くなり

邦画に対するイメージや見方が変わってきていて

今後も邦画の勢いは、まだまだ続くように思う


振り返れば

「踊る大捜査線」のドラマから映画への流れや

「スピンオフ」なる脇役主演物語が視聴者を掴んだのだと思う


また

「デスノート」からのアニメ原作映画は、海外、ハリウッドにも

影響し、今後も続々と作品がリリースされる


「恋空」のようなWEB発信の映画もあった



今後はもっともっと混沌として

「舞台」や「歌舞伎」「狂言」なんかと

映画がコラボしていくのかもしれない。。



スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

moco | URL | 2009/02/05(木) 13:01 [編集]
こんにちは(^^)
東宝強いですねー。
観たい映画は色々あるけど、ポニョでさえまだ観てません。
そうそう、「誰も守ってくれない」も気になります。
ドラマの「誰も守れない」は観たんですけどね。
また遊びにきまーす。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 松崎弘和映画. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。