松崎弘和映画
松崎弘和の映画メモ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/01/22(木)   CATEGORY: 映画
加護亜依、杉本彩に「マジで弟子入りしたい」
横浜港150周年記念映画「弁天通りの人々」横浜/富山4月末、今夏全国公開

タレントの加護亜依が、横浜港150周年記念映画「弁天通りの人々」(市川徹監督)の制作発表に出席した。
開港直後の横浜を舞台に、水元秀二郎演じる浅野財閥の創設者・浅野総一郎の成長物語。加護は昨春本格復帰後、初の邦画出演。妻役も初で「奥さんというのが分からなくて、おばあちゃんに電話しました」。23日発売の写真集「月刊 加護亜依」ではセクシーショットを披露。共演する“エロスの伝道師”杉本彩に「マジで弟子入りしたい」と路線変更もその気だった。


マスコミに踊らされた?加護亜依さんの映画出演

それよりも「月刊 加護亜依」が気になってしまうが・・


未成年アイドルの「喫煙」や「不倫」

なぜ、加護さんだけがこんなにも話題になってしまったのか


正直

「運が悪い」としかいいようがない


芸能人だけではないが

「見せしめ」として話題・逮捕される人が

確実にいる


世の中の

「均衡を保つため」
「倫理観を促すため」

に、助長している人、企業をたたく


その槍玉に挙げられた人はたまらない


が、

加護さんは、なんとか「復帰」の道を歩んでいる

スケープゴートとしての「経験」を演技に生かしてほしい。。



スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

yasu | URL | 2009/01/29(木) 22:16 [編集]
正直失敗なんて誰でもすると思う
その失敗にしても色々あって
決して犯してはならない失敗も確かにある
人の命にかかわるものなんかがそうだと自分の中では思っていますが。
何より、失敗に対して本気で自分と向き合えるか、
それが鍵だと思いますけどね。
失敗を完全に諦めたときに、
その人の人生が終わるんじゃないかって自分は思います。
でもこれはどうやら逆境に強いタイプだから余計にそう思うのだそう。
自分にとっては自分が本当に完璧になっちゃったら
人生とてもつまらなくなるんだろうなぁ
でも諦めたらきっと同じというよりもっと苦しいだろうから
自分の失敗を糧に楽しい人生を送る気満々です!
てか、完璧なんてありえないのわかってるからこそ、
どんどん上目指してるんすけどね~。
役者の性かな?

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 松崎弘和映画. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。