松崎弘和映画
松崎弘和の映画メモ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/01/06(火)   CATEGORY: 映画
デビッド・フィンチャー監督、「『セブン』続編は絶対にありえない」
米映画サイトCinemablendによれば、フィンチャー監督は1月4日、アカデミー作品賞の有力候補となっている最新監督作「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」(09年2月7日公開)に関連してニューヨークのリンカーンセンターで行われたトークセッションに登場。
その際、客席から「『セブン』の続編製作の可能性はあるか」という質問が飛び出した。

それに対してフィンチャー監督は、

「あの作品の続編を作るぐらいなら、自分の眼球でタバコをもみ消されるほうがまし」

と答え、客席からは爆笑と拍手喝采が沸き起こった。それはもちろん自作を嫌悪しているという意味ではないだろうが、やはりその晩のトークで同監督は、「『セブン』と『ファイト・クラブ』については、自分で見てもゾッとする部分がある」と明かしたという。


「セブン」も「ファイトクラブ」も大好きな映画だけに

このニュースを聞いてホッとした


最近、初めから3部作とか企画しているのはいいとして、

リメイク、リバイバル等、やたらめったら過去の名作を

引っ張り出すことが多い


確かに

原作が同じでも、

脚本や監督が違うと、

まったく違う作品になるのが

映画の面白いところなのだが

いささか、辟易していたのでとても嬉しい



「豪華キャスト」

「制作費○億円」

というような話題の作り方や、

「全米が泣いた」的なキャッチコピーももう飽きた



本当の「今」しかつくれない「名作」が観たい。。



スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

saki☆ | URL | 2009/01/06(火) 21:08 [編集]
こんばんは、初めまして☆
タイトルにひかれてやってきました。
良かった、続編ないんですね。私もこの2つの作品は好きですが、続編とか絶対ありえない。
あれはもう、完全に「完結」しているものだと思ってます。
最近、ほんとにリメイクとか多いですね。ネタが尽きているのか昔の良い作品を蘇らせたいのか、当時でも良い作品なら、わざわざ作り直す必要もないだろうになぁ、とか思ったり orz
「今」しか作れない作品、観たいですね。

yasu | URL | 2009/01/08(木) 01:38 [編集]
あぁ。
毎回全米が泣いたり笑ったりしてるのかと。。。爆
年を重ねるごとに
たくさんの作品が出て行くわけですから
内容なんかが被ったり、だったら最初から言ってしまえ、という意見も分からなくはないのですが
だからこそ新しいものが見たい気がする
役者としては、
昔と比べられて
前の方が良かったなんて言われた日には
ふぅぅん、そうですかね
なんて思ってしまいそうだし
変なプレッシャーがあると思うので
リメイクにしろ何にしろ、
とにかく全く同じことはしたくないし
かといってセオリーはある訳で。
でも本当に
「今」を見極め続けていれば
全く同じものなんてできない訳ですが。
歴史が増えていく分、
クリエイター、エンターテイナーは
お勉強や、より深い感受性が必要ですね。笑

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 松崎弘和映画. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。