松崎弘和映画
松崎弘和の映画メモ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/12/28(日)   CATEGORY: 映画
ワールド・オブ・ライズ
ディカプリオ、ラッセル・クロウ共演! 緊迫のだまし合いサスペンス

ワールドオブライズ松崎弘和映画


CIAに雇われた元ジャーナリストの男が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス・ドラマ。ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、デヴィッド・イグネイシャスの原作を『アメリカン・ギャングスター』のリドリー・スコット監督が映像化。テロ組織に潜入する主人公をレオナルド・ディカプリオが熱演するほか、ベテランCIA局員をラッセル・クロウが好演。 敵も味方も入り乱れた緊迫感みなぎるドラマに圧倒される。


確かにディカプリオって、タイタニック以来、

「がんばってる感」

あるんだけど、観るにはいたってない。。


毎回シリアスな話題に挑んでいるのが逆に

もがき苦しんでいるように感じる


映画のたびに新たな一面を見せてくれる

トム・クルーズはやっぱり違う


なんてことは

観てから言え!

って話だが、


相方がいくら好きなラッセル・クロウでも

なんだか観るまで至らない。。


「ロミオ&ジュリエット」はよかったんだけどなぁ・・



スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 松崎弘和映画. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。