松崎弘和映画
松崎弘和の映画メモ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/12/23(火)   CATEGORY: 映画
SABU監督宣言「蟹工船は名作になる」
画「蟹工船」(来夏公開予定)の撮影が栃木で行われている。今年の流行語にもなったプロレタリア作家・小林多喜二の同名小説の映画化。このほどSABU監督、主演の松田龍平らが現地で取材に応じた。
SABU監督は開口一番、「絶対に名作になる。世界を驚かせる」と宣言した。酷使される労働者たちと支配する経営側の対立。現代の格差社会にも通じるテーマにほれ込んでメガホンを取っただけに、鼻息は荒い。海外配給も視野に入れる。


昔よくSABU監督の、「疾走巻き込まれ系」映画をよくみた

主演は必ずといっていいほど堤真一さんだったが、

今回は違う


主演の違いだけではなく、小説の映画化ということでも

期待感が募る


密室に近い現場で、雇用側と労働者の対立という

とても暗い話を

どれだけポップに、スピード感はそのままに見せてくれるのか・・


最近リメイク映画に嫌気がさしていたが、

是非とも観てみたい




スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 松崎弘和映画. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。