松崎弘和映画
松崎弘和の映画メモ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/12/31(水)   CATEGORY: 映画
モーガン・フリーマン、ケネディ・センターの名誉賞を受賞
俳優のモーガン・フリーマンが、毎年、アメリカ文化へ貢献した人物に贈られるケネディ・センターの名誉賞を受賞した。

8月には自動車事故に遭い重傷を負ったモーガンだが、その後は順調に回復。授賞式でクリント・イーストウッド監督は、モーガンを「素晴らしい幸運のお守り」と呼び、映画『許されざる者』や『ミリオンダラー・ベイビー』で共演してきた相棒に賛辞を述べた。今回で第31回目となるケネディ・センター名誉賞だが、モーガンのほかに受賞したのは歌手のバーブラ・ストライサンド、バンド「ザ・フー」のロジャー・ダルトリーとピート・タウンゼント、振り付け師のトワイラ・サープ、ミュージシャンのジョージ・ジョーンズ。授賞式にはブッシュ大統領とローラ夫人も出席し、その模様は12月30日にアメリカのテレビで放映される。

モーガンフリーマン松崎弘和映画


モーガンフリーマンで印象に残っている映画は

『ショーシャンクの空に』
『セブン』


今思えば、セブンって

ブラッドピット=織田裕二
モーガンフリーマン=いかりや長介

っぽいなぁ

きっとタイムリーに気づいていた人のほうが多いだろうけど・・


味のある黒人俳優で他に好きなのは、

サミュエル・L・ジャクソン

サミュエルエルっていいにくいけど

鼻の穴がたいそうでかいけど

『交渉人』は何度観ても面白い。。




最近、心がすさんできてるから

『ショーシャンクの空に』でも観て

心を洗おうっと!




スポンサーサイト
DATE: 2008/12/29(月)   CATEGORY: 映画
綾瀬はるか、ちゃっかり次回作も立候補
映画「ハッピーフライト」2008年11月15日より全国東宝系にて公開中

女優・綾瀬はるかが、ヒロインを演じた映画「ハッピー・フライト」のトークショーを矢口史靖監督と行った。今年は「ICHI」など4作品に出演した綾瀬は「たくさんの役でいろんな経験ができた。あっという間だった」と充実した1年を振り返った。矢口監督からは「ド天然だけど、どんな色にも染まる。また仕事したい」と絶賛されると「今度は強い役をお願いします」と、ちゃっかり監督の次回作出演に立候補した。現在公開中の同作は、興行収入12億円とヒットしている。

綾瀬はるか松崎弘和映画


綾瀬はるかさんは、確かに気になる・・

気になるけど「僕の彼女はサイボーグ」がみたい

無機質っぽい眼差しが、「サイボーグ」として際立ってそう


いきなりですが、

「映画」って映画館で上映するからっていうのも

どうかなぁと思う


矢口史靖監督の「ウォーターボーイズ」も「スィングガールズ」も

三谷幸喜監督も、後継者は矢口監督といわれている伊丹十三監督も

好きだけど、


「何故映画??」


どう考えても「ドラマ」にしか思えない



個人的な「映画」の定義は

・迫力のあるサウンド
・圧倒的な映像美

の2つなんだけどなぁ・・


それ以外の作品はDVDで十分だと思ってしまう


「映画」は「映画館」として

上記のような作品は「ドラマ」を「映画館」で

という区切りにしたら、映画の品質がもっと上がると思う




DATE: 2008/12/28(日)   CATEGORY: 映画
ワールド・オブ・ライズ
ディカプリオ、ラッセル・クロウ共演! 緊迫のだまし合いサスペンス

ワールドオブライズ松崎弘和映画


CIAに雇われた元ジャーナリストの男が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス・ドラマ。ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、デヴィッド・イグネイシャスの原作を『アメリカン・ギャングスター』のリドリー・スコット監督が映像化。テロ組織に潜入する主人公をレオナルド・ディカプリオが熱演するほか、ベテランCIA局員をラッセル・クロウが好演。 敵も味方も入り乱れた緊迫感みなぎるドラマに圧倒される。


確かにディカプリオって、タイタニック以来、

「がんばってる感」

あるんだけど、観るにはいたってない。。


毎回シリアスな話題に挑んでいるのが逆に

もがき苦しんでいるように感じる


映画のたびに新たな一面を見せてくれる

トム・クルーズはやっぱり違う


なんてことは

観てから言え!

って話だが、


相方がいくら好きなラッセル・クロウでも

なんだか観るまで至らない。。


「ロミオ&ジュリエット」はよかったんだけどなぁ・・



DATE: 2008/12/27(土)   CATEGORY: 映画
その男ヴァン・ダム
最近ヴァン・ダムの話は

「みうらじゅん」さんの話の中で出てくるくらい・・

一時はかのスティーブン・セガールとともに

席巻した俳優だったのに・・

その男ヴァンダム松崎弘和映画



久しぶりに名前を聞いたかと思ったら、

なんとも自虐的


「マルコビッチの穴」を思い出すが

扱い的には正反対




なんだか

アイドルの末路が「ヘアヌード」とするなら

ハリウッドスターの末路は「自虐映画」と

いえるくらいのものだと思う


これで再起を図れなければ永遠に・・・・





DATE: 2008/12/26(金)   CATEGORY: 映画
キーファー・サザーランドが『ミラーズ』に出演したワケ
12月26日有楽座ほか全国ロードショー
海外ドラマ『24-TWENTY FOUR-』のジャック・バウアー役で絶大な人気を誇る俳優キーファー・サザーランドが、不気味な鏡に触れたことから怪事件に翻弄される主人公を熱演した震撼サスペンス『ミラーズ』。全米で大ヒットした同作が、日本でもついに公開された。

サザーランドがアジャ監督との短いミーティングだけで同作の出演を決めてしまった理由は、恐怖映画が苦手だから。その上、彼は「自分を鏡で見るのは好きではない」という。
そんな二重苦の作品なのに、出演を決めたワケは、強烈な状況の中で本当の自分を見いだし、最愛の家族を守ろうと奔走する主人公の姿に強く引かれたから。
暗い過去を引きずる主人公の極限心理と人間的な側面を、迫真の演技で体現しているサザーランドに注目。


鏡はいろんな顔を持つ

「神道の御神体」
「三種の神器」
「魔界の入口」
「妖怪そのもの」


鏡の世界って何なんだろう

そんな疑問や不安や神秘性を映画にしたものじゃないかな?


何故、

邦画じゃないんだろうって思ったら

もとは韓国映画らしい(Mirror鏡の中)


ヒーローものが席巻した2008年、

久々に観たい映画だなぁ・・



それにしても役者さんって基本「M」なのかな?

「極限状態で本当の自分を見出す」

できれば避けて通りたい・・




DATE: 2008/12/26(金)   CATEGORY: 映画
「インディ・ジョーンズ」の発掘物返せ! ペルー政府が訴える
1911年にインカ帝国時代(15-16世紀)の都市遺跡マチュピチュを発見した米考古学者で、映画「インディ・ジョーンズ」シリーズの主人公のモデルともされるハイラム・ビンガム氏(1875-1956年)によって発掘され、米国に移されたミイラや人骨、陶器類など約4万点をめぐり、ペルー政府がこのほど、発掘物を保管している米エール大に返還を求める訴えを米ワシントン連邦裁判所に起こした。


日本の浮世絵等美術品も海外にあるものが多いように

美術品は国内にとどまっているものが思いのほか少ない


根付のように

日本の文化としてはなんでもないものが

海外で評価されマーケットが出来上がり

価格が上がる


外からの視点による再評価の側面が

美術には多々あるように思う・・


とはいえ、

発掘物は「美術品」としてよりも「文化歴史資料」

としての意味合いが強く、

本土に変換すべきではないかと思う


上記のように、

海外評価のほうが高く、研究自体も海外のほうが

進んでいる現状もあるのだが・・


最近、TVで日本の歴史バラエティが多く

好んでみているが、

一体今まで学んできたことはなんだったのかと思う


「大奥」「篤姫」の流れからか

女性にスポットをあて、歴史を見直す番組も多いが

見ていて「当然」と思ってしまいつつ

ヒーロー像が崩れてしまい

なんだか悲しくなる


昔の武将の死因はすべからく暗殺(特に服毒)だし、

正義・忠義の行動も女性になかば操られているとは・・



現実はそんなものかもしれない




DATE: 2008/12/25(木)   CATEGORY: 映画
滝川クリの「モナリザ」ポーズ その角度の「秘密」が明らかに
ニュースキャスターの滝川クリステルさんがテレビ番組に出演し、テレビから視聴者に語りかけるときに斜め45度に構える「モナリザ」ポーズの舞台裏を明かした。実は「話したくてしかたなかった」そうで、「角度は分度器で測っている」といった知られざる「秘密」があり、ポーズ誕生にもそれなりの背景があった。

女性を美しく見せるためには斜め向き45度がいい
視聴者がテレビ画面を正面から見た場合に、
スタジオのキャスター2人の位置と視聴者が「二等辺三角形」で結ばれるような形にすることで
「視聴者は一方的に見ているのではなく、私たちと時間を共有しているように感じる」
スタジオセット自体も斜め向きに作られているという

このアイディアを出したのは、
同番組のキャスターの松本方哉さん。
松本さんはフジテレビドラマ「踊る大捜査線」の舞台セットスタッフと綿密に打ち合わせをし、自ら分度器を使い角度を測るなどしてスタッフに指示。
ちなみに、スタジオ全体は松本さんが「サンダーバード」等、SF物が大好きなことから、「サンダーバード」の基地をイメージしているという。


こりゃ大ニュース!

滝クリの秘密があきらかにぃぃ!


こんなところにも、

「ダビンチコード」が・・



↑無理やり映画こじつけ




DATE: 2008/12/23(火)   CATEGORY: 映画
SABU監督宣言「蟹工船は名作になる」
画「蟹工船」(来夏公開予定)の撮影が栃木で行われている。今年の流行語にもなったプロレタリア作家・小林多喜二の同名小説の映画化。このほどSABU監督、主演の松田龍平らが現地で取材に応じた。
SABU監督は開口一番、「絶対に名作になる。世界を驚かせる」と宣言した。酷使される労働者たちと支配する経営側の対立。現代の格差社会にも通じるテーマにほれ込んでメガホンを取っただけに、鼻息は荒い。海外配給も視野に入れる。


昔よくSABU監督の、「疾走巻き込まれ系」映画をよくみた

主演は必ずといっていいほど堤真一さんだったが、

今回は違う


主演の違いだけではなく、小説の映画化ということでも

期待感が募る


密室に近い現場で、雇用側と労働者の対立という

とても暗い話を

どれだけポップに、スピード感はそのままに見せてくれるのか・・


最近リメイク映画に嫌気がさしていたが、

是非とも観てみたい




DATE: 2008/12/22(月)   CATEGORY: 映画
X JAPANが大みそかにシネマジャック!! 白熱のライブが映画館で
TOHOシネマズは、31日に開催されるX JAPANのライブ「X JAPAN COUNTDOWN GIG ~初心に帰って~」の模様を、全国の映画館で同時中継する。
「X JAPAN COUNTDOWN GIG ~初心に帰って~」は、31日に赤坂BRITZで開催されるX JAPANのカウントダウンライブ。X JAPANとしては初めてのライブハウス公演となっており、ファンを中心に大きな注目を集めている。

中継されるのは、
TOHOシネマズ六本木ヒルズ(東京都)
お台場シネマメディアージュ(東京都)
TOHOシネマズ川崎(神奈川県)
TOHOシネマズ海老名(神奈川県)
TOHOシネマズららぽーと横浜(神奈川県)
TOHOシネマズ浜松(静岡県)
TOHOシネマズ名古屋ベイシティ(愛知県)
TOHOシネマズなんば(大阪府)
TOHOシネマズ泉北(大阪府)
TOHOシネマズ伊丹(兵庫県)
TOHOシネマズ緑井(広島県)
TOHOシネマズトリアス久山(福岡県)
TOHOシネマズ与次郎(鹿児島県)


映画館の映画以外の活用はとても面白いと思う

ただ、拍手や歓声なしで映画を観る日本人が、

XJAPANのLIVEをどのように観るのか

興味深い


LIVEさながらにスタンディングでXポーズを出すのか

着席で聞いているのか・・


会場によって牽引者有無によって

大きく変わるんだろうなぁ


スタンディングでLIVEを楽しむには

映画館の自動折りたたみ式シートは

もってこいだと思う。


今後、

劇団四季やバレエや歌舞伎なんかも

映画館で中継したら嬉しい


入場料は、映画館料金で・・
DATE: 2008/12/21(日)   CATEGORY: 映画
映画「K-20 怪人二十面相・伝」の初日舞台
俳優・金城武が、都内で主演映画「K-20 怪人二十面相・伝」の初日舞台あいさつを行った。「怪人二十面相は誰だ!?」が同作のキャッチコピーで、明智小五郎役の仲村トオルら登壇者によるネタバレぎりぎりのトークで盛り上がった。怪人二十面相に仕立て上げられたサーカス団員役の金城は「ははぁ~ん、こうくるかという気持ち」と初めて脚本を読んだ時の感想を口にした。佐藤嗣麻子監督は早くも続編製作への意欲を示していた。

K20怪人二十面相伝松崎弘和映画


この監督の名前を聞いて

ピンとこなかったので調べてみた


「エコエコアザラク」
「アンフェア the movie」
「南くんの恋人」
「動物のお医者さん」・・


ん~

全部観ていないし、今まで引っかからなかった

作品ばかり・・

「アンフェア」は少し引っかかっていたけど

観ていない・・


この映画は観てみようと思うが、

結局DVDになってしまうんだろうなぁ・・




ここ最近映画館にいっていない

昔は普通に女の子と映画にいっていたが、

今ではすっかり「贅沢」になっている。


長時間会話を交わすわけでもなく

ただ隣に座って同じものを観る


もちろん、見終わった後の

感想の言い合いは面白い。


昔からの娯楽って

どこか間接的でオシャレだ


そんな引き出しをいっぱい持った

男になりたい・・
DATE: 2008/12/20(土)   CATEGORY: 映画
橋下知事、キアヌに「霞が関壊して」
主演映画「地球が静止する日」(公開中)のキャンペーンのため来日している人気俳優キアヌ・リーブスが、橋下徹大阪府知事と対面した。ことあるごとに国政批判をぶちまけ、文部科学省とも“抗争中”の知事から、地球破壊を描くSFアクションの同作になぞらえて、「霞が関を一番に壊して欲しい」と仰天なお願いが飛び出した。

1951年に製作された名匠ロバート・ワイズの『地球の静止する日』のリメイク版


人類の愚かさや、地球の危機を伝えるには

人間としての視点からではなく、

地球に突如舞い降りた異星人の視点からでしか

もはや伝えられないということではないか??


「地球は君たちのものではない」



ストーリー的には

ミラ・ジョヴォヴィッチの出世作である「フィフス・エレメント」を

彷彿とさせる


ミラ・ジョヴォヴィッチが

人類の滅亡と存続の審判を下すのだが

TAXI運転手のブルース・ウィリスが、

その鍵を握る

結局は

「愛は地球を救う」

的なストーリー


この資金集めとして2日で脚本を仕上げた

「レオン」が大ヒットし

幼少から監督リュック・ベッソンが撮りたかった

「フィフス・エレメント」は当時酷評を受けた


構想○年とか、監督が売れてから撮る

「撮りたかった映画」

って必ず酷評の対象となるのはなぜだろう??


音楽業界でよく聞く

「売れるため」

「自分 自身」

の作品の違いかもしれない


「売れるため」って商業的で製作業界では冷ややかに

見られる節もあるが

より視聴者側に立った視点であるということ

「自分 自身」ってことはオナニーに過ぎない・・

だが、「芸術」としては、

後者のほうが要素が強く、共感者の共感度は高いように思う


「フィフス・エレメント」は大好きな映画の1本だ


ストーリーは戦隊物に近いくらいチープだが

全編オレンジ色で統一された世界観

そこに全てがブルーのLIVEシーンのオアシス


邦画でも「ピクニック」がそれにあたるが

映画ならではの楽しみ方だと思う



脱線しまくったが

せめて映画の中だけでも「壊しまくって」

ストレスを発散させてほしいと思う。。
DATE: 2008/12/19(金)   CATEGORY: 映画
ロマコメ好きは恋愛で失敗する?英大学の調査結果
英エジンバラにあるヘリオット・ワット大学が行った調査によれば、ロマンチック・コメディが好きな人は恋愛に対して非現実的な期待を抱きがちで、実際のパートナーとの関係において、コミュニケーション不足などで失敗するケースが多いことが分かった。


この研究によっていったい何が分かるのか・・

大学の研究とはいえ、

教授はこの研究によって給料をもらっているんでしょ・・


このような仕事で食べていけるなんて

素敵な仕事!!


この不景気の世の中で

とてもうらやましい。。


といっても

これだけではないだろうけど・・



日本における

「腐女子」といったところか・・



逃避行もやばいけど


現実を直視するだけが

人生でもないと思うけどなぁ・・


DATE: 2008/12/19(金)   CATEGORY: 映画
『2009日本アカデミー賞』優秀賞が決定
日本映画界最大の祭典『2009 第32回日本アカデミー賞』(対象作品:2007年12月1日~2008年11月28日までに初公開された作品)の記者発表が都内で行われ、15部門の優秀賞と新人賞が発表された。

そこで、最優秀作品を勝手に予想!
予想に☆印(一切見てないので全く根拠なし)

◆優秀作品賞
『おくりびと』
『母べえ』
『クライマーズ・ハイ』
『ザ・マジックアワー』
『容疑者Xの献身』

◆優秀アニメーション作品賞
『映画 ドラえもん のび太と緑の巨人伝』
『崖の上のポニョ』
『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』
『名探偵コナン 戦慄の楽譜』
『ONE PIECEワンピース THE MOVIE 』

◆優秀主演男優賞
佐藤浩市(『ザ・マジックアワー』)
堤真一(『クライマーズ・ハイ』)
松山ケンイチ(『デトロイト・メタル・シティ』)
本木雅弘(『おくりびと』)
役所広司(『パコと魔法の絵本』)

◆優秀主演女優賞
木村多江(『ぐるりのこと。』)
仲間由紀恵(『私は貝になりたい』)
広末涼子(『おくりびと』)
吉永小百合(『母べえ』)
吉永小百合(『まぼろしの邪馬台国』)

◆優秀助演男優賞
浅野忠信(『母べえ』)
堺雅人(『クライマーズ・ハイ』)
堤真一(『容疑者Xの献身』)
寺脇康文(『相棒-劇場版-』)

◆優秀助演女優賞
樹木希林(『歩いても 歩いても』)
檀れい(『母べえ』)
松雪泰子(『デトロイト・メタル・シティ』)
松雪泰子(『容疑者Xの献身』)
余貴美子(『おくりびと』)

◆優秀監督賞
滝田洋二郎(『おくりびと』)
中島哲也(『パコと魔法の絵本』)
原田眞人(『クライマーズ・ハイ』)
三谷幸喜(『ザ・マジックアワー』)
山田洋次(『母べえ』)

◆優秀脚本賞
内田けんじ(『アフタースクール』)
加藤正人・成島 出・原田眞人(『クライマーズ・ハイ』)
小山薫堂(『おくりびと』)
三谷幸喜(『ザ・マジックアワー』)
山田洋次・平松恵美子(『母べえ』)

◆優秀音楽賞
萩野清子(『ザ・マジックアワー』)
ガブリエル・ロベルト(『パコと魔法の絵本』)
冨田勲(『母べえ』)
久石譲(『おくりびと』)
久石譲(『崖の上のポニョ』)

◆優秀撮影賞
阿藤正一・尾澤篤史(『パコと魔法の絵本』)
小林元(『クライマーズ・ハイ』)
長沼六男(『母べえ』)
浜田毅(『おくりびと』)
松島孝助(『私は貝になりたい』)

◆優秀照明賞
高倉進(『パコと魔法の絵本』)
堀直之(『クライマーズ・ハイ』)
中須齋(『おくりびと』)
木村太郎(『私は貝になりたい』)

◆優秀美術賞
小川富美夫(『おくりびと』)
桑島十和子(『パコと魔法の絵本』)
種田陽平(『ザ・マジックアワー』)
出川三男(『母べえ』)
福澤勝広(『クライマーズ・ハイ』)

◆優秀録音賞
尾崎聡・小野寺修(『おくりびと』)
岸田和美(『母べえ』)
瀬川徹夫(『ザ・マジックアワー』)
福田伸・太斉唯夫(『パコと魔法の絵本』)
矢野正人(『クライマーズ・ハイ』)

◆優秀編集賞
石井厳(『母べえ』)
上野聡一(『ザ・マジックアワー』)
川島章正(『おくりびと』)
小池義幸(『パコと魔法の絵本』)
須永弘志・原田遊人(『クライマーズ・ハイ』)

◆優秀外国作品賞
『最高の人生の見つけ方』
『ダークナイト』
『ノーカントリー』
『ラスト、コーション』
『レッドクリフ Part I』

■新人俳優賞
小池徹平(『ホームレス中学生』)
松田翔太(『イキガミ』)
アヤカ・ウィルソン(『パコと魔法の絵本』)
長渕文音(『三本木農業高校、馬術部』)
福田沙紀(『櫻の園-さくらのその-』)
吉高由里子(『蛇にピアス』)

■会長特別賞:故・市川崑監督、故・緒方拳
■岡田茂賞:株式会社 スタジオジブリ
■協会特別賞:鳴海聡(操演)、羽鳥博幸(操演)、宮忠臣(ドッグトレーナー)


とにかく直感でめちゃめちゃいい加減予想です・・
DATE: 2008/12/17(水)   CATEGORY: 映画
水谷豊と渡哲也がドラマ『相棒』で31年ぶりの共演
俳優の水谷豊主演の人気ドラマ『相棒』が、2009年1月1日に開局50周年記念番組『相棒 元日スペシャル』として放送することが決定。
スペシャルゲストとして俳優の渡哲也が出演することが分かった。

相棒松崎弘和映画


「相棒」おもしろい

今日のドラマ相棒は、いったいどうなるのだろう

亀ちゃんは死んでしまうのか??

今から楽しみでしょうがない・・


「相棒」は本当にシナリオが面白い

昨日も「相棒」についてトウトウと語ってしまった・・


水谷豊さんもかっこいいし

ああいう大人になりたいなぁ・・


「はぁいぃ~」

はドラマを見ると必ず言ってしまいます。。


DATE: 2008/12/16(火)   CATEGORY: 映画
『ハチ公物語』リメイク版は松竹配給で09年8月公開 タイトルは『HACHI 約束の犬』
ハチ公物語』をリチャード・ギア主演でリメイクする『HACHI 約束の犬』の日本配給権を松竹が獲得した。ラッセ・ハルストレム監督がメガホンをとり、主人公となる上野教授に相当するパーカー・ウィルソン教授には、プロデューサーも兼ねるギアが扮する。
2009年8月8日(土)から東京・丸の内ピカデリー1ほかで全国公開。

ハチ公物語松崎弘和映画


あ~も~どうでもいい・・

というか

どうにでもしてくれぇぇぇ


見たら見たで、感動して泣くんだろうけど

後世に残るような映画って最近ないなぁ


リメイクって結局「現代版アレンジ」だから

みても原作ありきで

作品そのもののパワーやメッセージが希薄


ただ、アメリカ人には新鮮で嬉しいかもしれない


それすら飛びつく日本人は貪欲だなぁ・・

DATE: 2008/12/15(月)   CATEGORY: 映画
「スター・ウォーズ」スカイウォーカーのライトセーバーが2200万円で落札!
「スター・ウォーズ」ファンにとって、ジェダイの武器ライトセーバーは憧れのまと。レプリカでさえかなり高額で取引されているようだが、12月11日に米ロサンゼルスで開催されたオークションに「スター・ウォーズ」で実際に使用されたライトセーバーが出品され、24万ドル(約2180万円)で落札されたことが分かった。


不況NEWS吹き荒れる昨今、

ライトセーバーに2200万円!

やっぱりお金は

「あるところにはある」


オークションといえば

「行列の出来る・・」で絵画のオークションがあったが、

とにかく、

とても投資とは思えないような

いったい何の価値があるのか

分からない絵に500万もの値段が

ついていく様は、異様としかいえない。


もともと価値は人それぞれとはいえ、

芸能人の描いた掛け軸を

尾形光琳よりも高値で買うなんてぇ!


本当に学校のためにお金を出している

人がいるとは・・って言ってて虚しいのだが・・


とはいえ、

きっちり「泣き」ましたけどなにか?
DATE: 2008/12/12(金)   CATEGORY: 映画
実写版『ドラゴンボール』ついに本日予告編公開!悟空がさけぶ「かめはめ波ー!」
つい先日、正式な映画の場面写真が公開されたばかりの実写版映画『ドラゴンボール』の予告編が本日昼ごろ、劇場での予告編解禁を前にネットで正式に公開されることになった
ドラゴンボール松崎弘和映画

とうとうでました!
待望の予告編を配信中


「かめはめ波」をなんと言わせるかが注目でしたが

結局「かめはめ波」でした

やっぱり鳥山ワールドとしての

コミカルさはすっかりなくなってしまってるよう・・

色合いもすっかりハリウッド調で

もっとカラフルなファンタジーっぽさを残しても

良かったような気がする・・

ブルマのメカは期待大かも??
DATE: 2008/12/11(木)   CATEGORY: 映画
「のだめカンタービレ」ついに映画化!舞台はヨーロッパで全2部作!
コミックが全21巻で2,900万部を売り上げ、テレビドラマでも大人気を博した「のだめカンタービレ」が、とうとう映画化されることが発表された。


またまたアニメ原作

「のだめ」の上野樹里がよくて

他の作品見たけど、全部が野田恵に見えて残念だった。。

インパクトが強すぎると、その後が大変

とはいえ、また上野のだめが見れることに期待!

DATE: 2008/12/10(水)   CATEGORY: 映画
キアヌが米版「忠臣蔵」主演
キアヌ・リーヴスが、米ユニバーサル・ピクチャーズ製作のハリウッド版「忠臣蔵」となる“47 Ronin”に主演することが決定した。赤穂四十七士の1人を演じる。

いよいよハリウッドもネタつきたのか・・

本当に多いアニメ原作

そういえば、ドラゴンボールも映画化するし、

チョウ・ユンファの

「ぱふぱふ」がみてみたいなぁ・・
Copyright © 松崎弘和映画. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。