松崎弘和映画
松崎弘和の映画メモ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/11/25(水)   CATEGORY: 映画
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない
製作国 日本
劇場公開 アスミック・エース
初公開年月 2009/11/21
上映時間 101分
ジャンル ドラマ

監督 佐藤祐市
原作 黒井勇人
音楽 菅野祐悟
脚本 いずみ吉紘

インターネットの掲示板2ちゃんねるに書き込まれた話題の実体験を

基に映画化した問題作。ニート青年が社会に飛び出し、いきなり

ブラック会社と呼ばれる問題企業で孤軍奮闘する様子を面白おかしく

描く。『ホームレス中学生』の小池徹平が主演を務めるほか、共演者

も『カフーを待ちわびて』のマイコや、『しあわせのかおり』の田中

圭ら若手実力派が顔をそろえる。主人公を取り巻くありえない状況に、

ついついエールを送りたくなってしまう映画。



いわゆる「ブラック会社」に勤めたことはないが

バブル、ITバブルの時代に、「ブラック会社」ではないか?と思わ

れる会社に、高額アルバイト報酬目当てに行ったことがある。

なんだかその当時のことを思い出してしまったが、

今でも、アルバイト面接に行ったら、実は「オレオレ詐欺軍団」だった

とか、あるのかもしれない。


ただ、なんか「古い」気がして、DVDだったとしてもみる気になれない。



とはいいながら、

「理不尽」が人を大人にするんだろうなぁ・・・

いい意味でも、悪い意味でも・・・
スポンサーサイト
DATE: 2009/11/25(水)   CATEGORY: 映画
SMAP×SMAP
先々週は、タランティーノ監督とブラット・ピットが

BISTRO SMAP に出演。

ブラピは相変わらずのかっこよさだったが

タランティーノも相変わらずの「変人」ぶりで

面白かった。


ただ、それよりも・・・

今週の「THIS IS マイケル・ジャクソン」

なぜ、日本で唯一のプレミア招待者が中居くん

なのかは、とても疑問が残るが

(ジャニーズであったとしても、マイケルと個人的に

親しかったのはヒガシのはずだったのだが・・)

初ネタも多く、とても楽しかった。


こんな映像を見せられてしまうと

「やっぱりMJのライヴは見たかった!」



なんとか時間つくって「THIS IS IT」

見に行こうっと!
DATE: 2009/11/09(月)   CATEGORY: 映画
イングロリアス・バスターズ
原題: Inglorious Bastards
監督・脚本: クエンティン・タランティーノ
製作:     ローレンス・ベンダー、
        クエンティン・タランティーノ
製作総指揮:エリカ・スタインバーグ、
        ロイド・フィリップ、
        ボブ・ワインスタイン、
        ハーベイ・ワインスタイン
撮影: ロバート・リチャードソン
美術: デビッド・ワスコ
編集: サリー・メンケ
製作国: 2009年アメリカ映画
上映時間: 2時間32分
配給: 東宝東和

米俳優のブラッド・ピットと、「キル・ビル」で知られるクエンティン・タランティーノ監督が、
都内で米映画「イングロリアス・バスターズ」の来日会見を行った。

第二次大戦下のナチス討伐部隊の活躍を描く物語。公開後4日間、おもしろくないこと
を理由に1時間以内に退場した人にチケット代を返金するキャンペーンを行うが、監督は
「出るヤツは勝手に出ればいい」と作品の出来に自信満々。

一方、先月24日にバイクで転倒事故を起こしたブラピは、「けがはないけど、自尊心が
傷ついたよ。パパラッチから逃げようとしてコケちゃって。いいネタになっちゃった」と
笑わせた。



ん~ ひさびさのタランティーノ作品

前回の「キル・ビル」は「やりすぎ」だったからなぁ・・・

ヒーローもの、戦隊ものを見るつもりで観ると面白いけど


やっぱり「レザボア・ドッグス」のような映画を期待します!


あと、音楽にも期待!

タランティーノ作品のサントラは本当にいいです。。





DATE: 2009/11/06(金)   CATEGORY: 映画
マイケル・ジャクソン THIS IS IT
上映時間: 111分
製作国:アメリカ
劇場公開:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
初公開年月 :2009/10/28
ジャンル:ドキュメンタリー/音楽

誰も見たことのない彼に逢える。


2009年6月25日、世界中に衝撃が走ったマイケル・ジャクソンの突然の死により、幻となったロンドン公演“THIS IS IT”。本作は、死の直前まで行われていた長時間に及ぶリハーサルを記録した映像を基に、今回のステージでクリエイティブ・パートナーを務めていたケニー・オルテガ自ら監督として幻の公演を再現する音楽ドキュメンタリー。


NFLスーパーボウルのハーフタイムショウは本当に度肝抜かれたなぁ・・

ラストステージを見たかったけれど

見なくて幸せだった気もする・・・


死亡のNEWSを聞いた時

てっきり

熱狂的なファンが

今のマイケルを認めたくないがために

ライヴ前に殺してしまったのかと思った。。


それにしても

「整形」なしにマイケル・ジャクソンを語れないのだが

ある人の話では

整形は「維持」するために薬を飲み続けなくてはならなく

その副作用で足腰までボロボロになるらしい・・


以前CMに出演していた某先生も

年齢にそぐわない肌のハリらしいが

一人では歩けないぐらい足腰が悪いらしい・・・



あくまでも噂ですが・・


まぁ、等価交換の法則でしょうか?




DATE: 2009/09/19(土)   CATEGORY: 映画
カムイ外伝
白土三平原作の傑作コミックを『血と骨』の崔洋一が実写化したアクション娯楽大作。忍びのおきてに背き、たった一人で追っ手から身をかわす不屈の主人公の苦悩と孤独を浮きぼりにする。孤高のヒーローをその抜群のセンスで演じるのは、『L change the WorLd』の松山ケンイチ。ヒロインを『ラスト・ブラッド』の小雪が演じている。人気脚本家、宮藤官九郎と監督が共同で手掛けた脚本からあふれ出す人間味に満ちた物語に圧倒される。


とにかく、「時代劇」だらけの「剣もの」だらけ

まぁ好きではあるのだけれど・・


カムイ外伝は、子供のころの記憶だから

正しいかは別として


「暗く」「悲しく」「さびしい」マンガだった

そのままのイメージで


「暗く」「悲しく」「さびしい」

モノクロのような映画だったら観たかったなぁ




Copyright © 松崎弘和映画. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。